自費負担

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名前をつけて分割払いに申し込める便利な歯科医院も多くなってきました。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、受けたい治療を受けることが十分可能になりました。がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。デンタルケアを欠かさないことが重要です。日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが欠かせません。どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、そのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることが必要条件です。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いためまずは歯科医に全て話しておきましょう。現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。より深刻な事態を食い止めるためにも、放っておかずに診察を受けてください。インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれで幅があるのが普通です。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。ただし、おおよそ相場は決まっています。インプラント一本を埋め込んだ場合、30万円から50万円くらいが相場だと押さえておきましょう。どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。インプラント以外の治療はできないという方に適用されます。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。義歯では上手に噛めないなどで必然的にインプラント治療になるというのが、多くの患者さんの実態です。インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に治療費を収入から引くことができます。確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書が必ず要求されるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、保管しておくことをすすめます。治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが高額の負担を避けられない理由です。どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。インプラント治療には隠れたメリットがあります。治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さで自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯を入れたと気づかれることはまずないと思って良いでしょう。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。