インプラント治療の成果を左右する生活習慣

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は見過ごしてはならないレベルです。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することがその後の治療に関わる重要な問題です。
組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは相当の妨げになります。
インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間は禁煙を決意してください。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。
食後の丁寧な歯みがきによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。
インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。
歯科医の腕と設備次第で、従来はできないといわれていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。
また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。
まれな症例として、手術後の死亡例もあります。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、厳しい条件を満たさなければならず、普通は治療の全てが自費になるのがどうしても高額になってしまう原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースでは費用はその数倍に及ぶことを肝に銘じておかなければなりません。
一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。
地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療に取りかかることをすすめます。
ここで重視すべきなのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することを心がけてください。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなので術中の痛みが怖いと思います。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。
術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。
ですから、インプラント治療全体では要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンという義歯をはめられます。
しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。
あわせて読むとおすすめなサイト⇒ホワイトニングは、効果ありません。